ネズミ小僧。

江戸時代の地図、赤丸が現在の当店のある場所になります。ネットの情報だと「今の蛎殻町あたりは、江戸時代周囲を掘割で囲まれた武家地でした。蛎殻町公園のあたりは江戸時代、松平三河守(津山藩主)の下屋敷があったところ。」だそうです。
顔見知りの70代後半の方と界隈の昔話に花が咲き、そうしたら「松平のお屋敷があった場所てあんたの所だろ、そこでネズミ小僧が捕まったのは知ってるよな」と言われて「え、そうなんですか?」とビックリ。帰宅後ググってみたら、なんか違う、当店がある場所は松平三河守でネズミ小僧が捕らえられたのは上州の松平のお屋敷、すぐ近所には違いないですが浜町の方です。ご長老には逆らえません、まぁそういうことにしときます。

前の記事

散歩 その2。

次の記事

昌平橋。