仕事道具。

2017-02-06

やっとインフルエンザが完治、数日ぶりに外出して、アメ横まで散歩がてら、写真のフラッシュライト用のバッテリーを買いに行ってきました。館内にいる時は肌身離さず持ち歩いてる各種マスターキーとフラッシュライト。夜間の屋上の見回りなど毎日必ず使う物なので、アメリカの司法機関が採用してるメーカーの廉価品を使ってます。このライトの125ルーメンと言うレベルは日常の使用には必要にして充分なんですが、毎年のカタログスペックの上昇を見ると、新しいタイプが欲しい!そう思うのは昭和の時代に生まれ育った悲しい性。そしてついには2300ルーメンと言う製品が登場、ここまで行くとフラッシュライトの光は熱になり、コンロとしてスクランブルエッグが作れるレベル、Amazonでポチッとしないように自制中。

前の記事

インフル。

次の記事

「浜町 かねこ」さん。